ギャンブル依存症の治療方法

今日の社会では簡単にギャンブルを楽しむことができます。数多くのギャンブルのウェブサイトが存在するため、外に出て誰かに会う必要もなく、自宅からオンラインで気軽に遊べるようになりました。特に賭けに勝ってお金を儲け始めた時、人々の気分は高揚します。負けが続いた後、ほんの少額勝っただけでも強い快感を覚え、次のゲームも今回と同じくらいは勝てるのではないかという期待感が生まれてきてしまいます。ほとんどの人はゲームをやめなくてはいけない時間に終わりにすることができますが、中にはやめたくてもやめられない人も存在します。その人たちにとってギャンブルで得られる快感や報酬は麻薬と同じで、勝ちを追い求めてギャンブルへの欲望が抑えられなくなります。

なぜギャンブル依存症になる?

私たちの脳には様々な役割がありますが、その中に何か好む機能、報酬を欲する機能という 2 つの機能があります。リスクがあったり、過去に失敗したりしていたとしても、たった 1 回ギャンブルに勝ってお金を儲けただけで脳は快感を覚えます。ある人は仮に負け続けていたとしても、またいつか勝利の女神が微笑んで、100 倍になってお金が返ってくるのではないかと勝利を夢見てギャンブルを続けていきます。またある人は欲が深くなって賞金の額に満足できず、さらにギャンブルを続けていきます。

症状

ギャンブル依存症の人には以下のような症状がみられます。

常にギャンブルしたいという願望に駆られていて、どうすれば勝って大金を手にすることができるか、その方法ばかり夢中に考えています。賭け事以外のことは頭になく、ギャンブル場やウェブサイトで何時間も過ごしてしまいます。

損した金額を取り返すために、どんどんギャンブルを続けます。あるいはより高額な賞金を狙って一度に賭ける金額を増やしていきます。

後ろめたい気持ちを隠すために、家族に何の悩みもないふりをしたり、嘘をついてギャンブルに出かけたりします。無意識のうちにギャンブルのことばかり考えてしまうため、家族や友人、職場との関係に支障が出てきます。

盗んだり、他人に工面を頼んだりして得たお金をギャンブルの資金にして、お金を儲けようとします。

予防

もし友人や家族が心配して、ギャンブルをやめたほうがいいとあなたに忠告してきたとしたら、それはギャンブルの習慣を見直すべきだというサインかもしれません。ギャンブルに遣った金額や失った金額からも、やり過ぎかどうか判断できるでしょう。健康状態や仕事に支障が出ている場合もギャンブルをやめるべきサインであると言えます。

悪い習慣を断ち切るために、まずギャンブルは勝つことはまれで、負けることのほうが多いということを自覚しなければなりません。そして次のような健康的な生活習慣を心がける必要があります。

毎日の計画を立てましょう。ギャンブル以外にやりたいことを見つけて、1 日のスケジュールを埋めてください。おうちやお庭で家族やお友だちと忙しく過ごせば、ギャンブルをする時間は自然になくなるはずです。

おうちで瞑想してリラックスしましょう。昔打ち込んでいたことや新しい趣味など、心も体も夢中になれることを見つけてください。

治療やカウンセリングは非常に効果的です。信頼できる医師やグループセラピーを探してみましょう。